頸椎症・首のこり、肩こり・頭痛・高コレステロール

投稿日:2006年09月報告

頸椎の1番2番がずれており、それが血流を悪くし

山口県下関市
匿名希望(男性  74歳)

13120

洋裁が趣味の私は、これまでワンピースからスカートまで様々な物を縫ってきました。始めると2、3時間ぐらいあっという間に過ぎていましたので、肩こりぐらいは気に止めることもありませんでした。それが2年位前から、首筋から肩にかけての張りが日に日に強くなり、いつしか左右に回すのも自由にできない程、首のうなじ辺りがカチコチに硬くなって、“ズキン、ズキン”と偏頭痛が起きるありさまでした。その痛みといったら、まるで金づちでたたかれているみたいで、我慢ができずその都度、頭痛薬を飲んでいました。検査の結果、頸椎の1番目と2番目がずれていて、それが血流を悪くし、首・肩のこりや頭痛を引き起こしているのではないかということでした。いくら薬を服用しても痛みは取れないし、肩はパンパンな状態のままで、どうしようかと思っていた時に、解説特報で貴会支部が同じ下関市内にあるのを知り、娘の車に乗せてもらい説明を聞きに行きました。推奨していただいたクロレラとC.G.F.、ウコギを飲み始めて3ヶ月。相変わらずの頭痛や肩こりが続き、やはり私は良くならないのだろうか考えるようになりました。しかし4ヶ月を過ぎたころ、ほんの少しですが頭痛が和らぎ、首や肩のこりも楽になってきたような気がしました。そして半年になろうかというころです。すっかり頭痛の回数が減り、カチコチに硬くなっていた首のこりも楽になり意識しないようになっていました。そして、もうひとつ身体に変化が現れたのです。それは検査の度ひかかっていた、コレステロールの値が基準値以下に下がっていたのです。薬を飲んでいてもずっと高かったので、二重の喜びです。本当にじっくりと取り組んで良かったと思います。これからは私の唯一の楽しみである洋裁を、こころおきなく楽しんでまいりたいと思います。

資料請求

説明会

フリーコール
お問い合わせ

各支部